診察予約
WEB問診票
お知らせ > 内科

ワクチン接種で迷走神経反射

現在、当院では新型コロナウィルスワクチン接種を進めています。
6月8日、70代の女性が接種後15分間の経過観察中に突然の意識消失発作が起きました。
すぐに声をかけると意識は回復し歩くこともできました。
皮膚発疹や痒み、呼吸困難などのアレルギー反応はなく一時的な血圧低下と心拍数低下(徐脈)を認めました。
意識消失発作の原因は、緊張による血管性迷走神経反射による失神であると診断し、念のため1時間点滴を行いお帰りいただきました。
迷走神経反射は極度の緊張が原因で誰でも起こるものです。
よく学校の朝礼で倒れる生徒がいますが、これも迷走神経反射が原因です。
アナフィラキシー接種ではないので、2回目の接種も可能です。
接種による事故には該当しない事案であり、日頃の採血検査でも起こりうることことです。
今後も、安全なワクチン接種を目指して行きたいと思います、

2021/06/10/
«
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.