診察予約
WEB問診票
高血圧症

高血圧症の診断基準について

今年度も健康診断が始まりました
昨今、高血圧症の診断基準が160/100mmHg以上に変わったのか?との問い合わせがあります
しかし、これは特定健診において直ちに受診を勧める基準が、140/90mmHg以上から160/100mmHg以上に変わっただけなのです
もし健診当日に160/100mmHg以上の血圧だったら、その場で高血圧症について直ちに受診するよう勧めることになります
一方、140/90mmHg以上160/100mmHg未満の方は、1か月程度 高血圧症対策の生活習慣の改善を試みます
体重減量、適度な運動、減塩、節酒、野菜を多く摂取することなどに努めてください
1か月後も、血圧が140/90mmHg以上のときはかかりつけ医に相談することになります

高血圧症の基準は医療機関や健診センターで140/90mmHg以上、家庭血圧で135/85mmHg以上と全く変わりありません
高血圧症は、心筋梗塞や脳卒中に対する最も重大な危険因子です
油断することなく、日々家庭血圧と体重を測定記録し 健康管理を続けるようお勧めいたします

2024/07/02/
«
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.