お知らせ > 胃腸内科 > ヘリコバクター・ピロリ > 胃がん

胃がん健診で、慢性胃炎を指摘されたけど、、、(1)

これまで毎年胃がん検診では「異常なし」と記載されてきたのに、今年から「慢性胃炎」と記載され、急に病気になったのかと不思議に思った方もいると思います。
2016年度までは、胃がん検診で検討していたのは、「胃がんの疑いがあるか否か」であって、もし慢性胃炎があったとしても、特に記載されませんでした。
 近年の研究で、ヘリコバクターピロリ感染が原因で慢性胃炎となり、慢性胃炎になった方の一部が 胃がんにかかるということが分かってきました。
また、ヘリコバクターピロリ感染のない方は 胃がんにかかることが極めて稀だということが分かってきました。(もちろん、100%安心してよいというわけではありません。)
言い換えれば、現在慢性胃炎となっている方は、ヘリコバクターピロリに感染しており、将来胃がんにかかる危険性をもっているということです。
2017年度の胃がん検診では、バリウム造影でまず慢性胃炎があるかないかを検討し、次に胃がんの疑いがあるか否かを検討してゆきます。
その結果、胃がんの疑いがなくても「慢性胃炎」があれば、将来胃がんになる危険性があるということを知っていただくために「慢性胃炎」という所見が検診結果票に記載されるようになったわけです。

慢性胃炎と診断された方は、ヘリコバクターピロリに感染しているか否かの検査を受け、感染しているのであれば、除菌治療をぜひ検討してほしいと思います。

2017/07/31/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.