内科

糖質制限食を実行してみたら、

健康な身体をつくり、維持することは難しいテーマです。
高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満という四大生活習慣病のほとんどは、食生活の乱れが影響しています。
従来、カロリー制限による食生活の指導が試みられていましたが、一つ一つの食材のカロリー計算を継続することは難しく、なかなか定着しませんでした。
ここ数年、糖質制限(ロカボ)による食生活の指導が有効であるとの報告が相次ぎ、私自身も実践してみました。
参考にした書籍は、山田悟著 「糖質制限の真実」幻冬舎新書
         柳澤英子 「やせるおかず 作りおき」小学館

方針(1)糖質(米、パン、メン類、芋類、お菓子)をできるだけ食べない
     減量が軌道に乗ったら、朝だけ玄米を30g食べる
方針(2)果物は、昼までに食べる。夜は食べない。
     野菜ジュースは飲むのをやめる
方針(3)野菜を毎食 大量に食べる。ドレッシングは、オリーブオイル
方針(4)タンパク質は1日80-100gを目標とする
      肉100gでタンパク質20g、魚100gでタンパク質15g、
      納豆1パック40gでタンパク質8g、豆腐200gでタンパク質10g
      ゆで卵1個でタンパク質5g
方針(5)小腹がすいたら、
      ささみロースト、ゆで卵、アーモンドナッツ(1日に10粒まで)を食べる、
      豆乳200mlを飲む
方針(6)夜9時以後は、豆乳やプロテインを飲む
方針(7)筋力を維持すべく、運動をする
      腹筋、スクワット、腕立てふせなど
   

体重が減らずに悩んでいる方、少しでも糖質制限を始めてみませんか?

2016/09/06/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.