内科

太りやすい食生活と太りにくい食生活

食欲の秋、来る。なれど、健康を維持するためには己の体重を忘れるべからず。
太りやすい食生活は、
 (1)1日に1食あるいは2食しか食べない
 (2)夜遅く、ドカ食いをしてしまう
 (3)甘いものやこってり油っぽいものが好き
 (4)野菜は嫌い、お肉大好き
 (5)空腹感がないまま食べてしまう
 (6)体重測定は気が向いたときだけ
ケーキが余ったら、最後の1個を食べたいと立候補するのはやめましょう。また、アイスクリームやチョコレートを習慣のように食べれば確実に太ります。アイスクリームやお菓子の買い置きは太る素と考えましょう。

それでは、太りにくい食生活は、
 (1)できるだけ3食、決まった時刻に食べる。
 (2)朝食はがっちり、夕食は軽くする。夕食は夜9時までに終える。
 (3)甘いものやこってり油っぽいものをできるだけ少量にする
 (4)毎食、最初に茶碗1杯の野菜を食べる
 (5)食事前に空腹感を感じるように、腹八分目を覚える
 (6)毎日必ず体重を測定し記録する

私自身は、空腹感を感じてつらいときは野菜ジュースを飲むようにしています。こんにゃくゼリーもおすすめです。野菜といっても、ポテトサラダやカボチャ、栗、トウモロコシなどは、しっかりカロリーがあるので控えてください。レタスやキャベツなどの葉っぱ類や海藻類はカロリーを考えることなく、飽きるまで好きなだけ食べてよいのです。
また、毎日体重を測定すれば、どのように食べると危険な太り方になるか、イメージがわくようになります。増えた体重は、遅くとも一週間以内に元に戻るよう食べ方を減らしましょう。

2015/09/01/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.