内科

2015-16シーズン インフルエンザワクチン

流行するウィルスが少しずつ変化するため、毎年インフルエンザワクチンの接種が必要となります。厚生労働省の流行予想に基づいて、国内のワクチン製造メーカーは 夏からワクチンを製造します。これまでの一本のインフルエンザワクチンにはA型2株とB型1株の合計3株が含まれていました。
一方、海外では、A型2株とB型2株の合計4株を含むインフルエンザワクチンを採用している国もありました。4株に増やすことで大規模流行を抑止することが期待されます。このたび、我が国も2015-16シーズンにむけてA型2株とB型2株の合計4株を含むインフルエンワクチンを製造することになりました。生産コストが上昇することから、接種料金も上昇する可能性が高いと言われています。ご了承ください。

2015/08/08/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.