胃腸内科 > 大腸憩室症

大腸憩室症

大腸の壁の筋肉層が薄くなり、出窓のように外側に壁が押し出された状態を言います。盲腸や上行結腸、S状結腸に多発します。出血したり腹痛の原因となることがありますが、がん化することはありません。基本的には治療を要しませんが、炎症のために穿孔して緊急手術となることがあります。
大腸バリウム造影や大腸内視鏡検査で診断されます。

2015/07/06/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.