胃腸内科 > ヘリコバクター・ピロリ

ヘリコバクター・ピロリ

ヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ菌)は人間の胃のなかに住んでいる細菌の1種です。
50歳以上の日本人では 70%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。
ピロリ菌に感染していることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となったり、胃癌になる可能性が高くなるといわれます。
除菌治療に成功すると、潰瘍を繰り返したり、胃癌を発生する確率が減ると言われています。胃内視鏡検査で確認されたピロリ菌感染者に対して、保険医療で除菌治療を実施できるようになりました。
除菌治療方法は、3種類のクスリを7日間だけ服用します。服薬中は、禁酒です。
除菌成功率は70~80%、失敗した場合は、クスリを変えて再挑戦(2次除菌)できます。
治療中の副作用として、軟便、下痢、味覚異常、発疹が現れることがあります。
ピロリ菌除菌治療終了後、4週間以上あけて、除菌判定検査を行います。
除菌判定検査は、内視鏡検査ではなく呼気中の尿素濃度を測定する方法で行うことが出来ます。
ピロリ菌が気になる方は是非一度、ご相談ください。

2015/07/06/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.