内科 > 高尿酸血症と痛風

高尿酸血症と痛風

突然足の親指の付け根が激しい痛みに襲われる痛風発作は血液中の尿酸値が高いことが原因です。
血中尿酸値が7mg/dl以上になると高尿酸血症とよび成人男性の2割が罹患するといわれています。
痛風発作は、足の親指の付け根や、くるぶし、膝、肘などの関節に起こります。
肥満、酒飲み、男性に多く、腎障害や尿路結石、心筋梗塞や脳梗塞を合併することが多く、決して放置してはいけない病気です。

高尿酸血症治療ガイドラインによると、

  • 体重を適正体重となるよう減量に努める。
  • 野菜中心の食生活。
  • 水分を積極的に摂取することをすすめています。
  • お酒は1日1合以内まで、休肝日は週2日以上。

高尿酸血症で薬物治療が必要な場合は、

  • 痛風発作の経験あり(尿酸値に関係なし)
  • 血中尿酸値9mg/dl以上
  • 血中尿酸値8mg/dl以上で、狭心症、高血圧症、高脂血症、糖尿病などを合併
2015/07/05/
« »
Copyright(C)やさく医院 All Rights Reserved.